放射線治療に本気で取り組む~がんは治せます~

看護師

最近急増している病気です

困る

乳がんは乳腺にできる悪性腫瘍のことで、しこりが出来たり転移します。早期発見をするために乳がん検診を受けることが大切です。発症のリスクを抑えるために飲酒や喫煙を控えたり、運動や食事に気をつけるなど生活習慣を改善することも効果的です。

Read More...

発見が難しい

植物

日本でもがん患者が増加しており、がんによる死亡者がトップとなっています。すい臓がんは自覚症状が出ると手遅れになるケースの多いので早期発見のためには腫瘍マーカーの検査を受診する必要があります。しかしながら腫瘍マーカーの検査は万能ではないため血液検査を併行して行う必要があります。

Read More...

がんの中でも特に多いです

患者

肺がんとは気管支や肺胞などの一部に悪性腫瘍ができる病気のことです。これになる一番の原因は喫煙と言われているため、禁煙することで予防できます。他にも肺を守る成分などを食べ物から摂取することで肺がんを予防する効果があるので、積極的に摂りましょう。

Read More...

放射線による治療の特徴

困る

放射線治療は、癌の治療に利用される主な治療法の一つです。他に、外科的手術と抗がん剤という治療法がありますが、比較的肉体に対する負担が少ないのが放射線治療です。例えば外科的手術では、肉体に傷をつけ、がんの部位とその周辺を切除することになり、場所によっては、患者のQOLが低下します。それに対して、放射線治療は、肉体に傷をつけることなく治療できるのがメリットです。特に、重要な臓器にできたがんに対しては、有効となります。放射線を照射すると、細胞の遺伝子に傷がつき、増殖が抑えられます。そのため、増殖の活発ながん細胞へダメージを与えることができるのです。しかし、がんの種類や部位によって効果が低い場合もあります。

放射線治療においては、正確に患部にのみ放射線を照射することが重要です。がん細胞に対する効果を高め、正常細胞に対するダメージを最小限にすることができるからです。近年、ピンポイントでがんにのみ正確に放射線を照射する技術が高まり、とく脳腫瘍に対しては、ガンマナイフやサイバーナイフという名称で治療が進められています。他に、重粒子線治療の研究も進められ、今後さらに放射線治療の研究開発は進むと考えられています。がん治療において、完治が望めるのは外科的手術と放射線治療なのですが、日本は前者に依存する傾向があります。しかし、放射線治療のほうが肉体に対するダメージが少なく低侵襲で、QOLが維持されるので、今後の有効ながん治療として期待されます。